衛生的な使用に繋がる自動洗浄機能

熱湯による内部の消毒

ウォーターサーバーは給水口が常に外気に晒されている上に、ボトルから給水口に繋がるパイプも人の手が届かないようになっています。そのため、衛生面が気になるという人もいるでしょう。そんな人は洗浄機能が搭載されたウォーターサーバーを選択すると良いです。多くのウォーターサーバーには、電力を使って熱湯を作れる機能が備わっています。洗浄機能は、その熱湯を使用して内部を除菌するというものです。その機能を定期的に作動させることによって、パイプや給水口を衛生的に保ちやすいです。洗浄機能は大抵自動で作動し、使用者が何らかの操作をしなければならないということはありません。したがって、操作忘れが原因で、内部が汚れてしまうということにはならないでしょう。

紫外線を使ってボトルの水を衛生的に

ウォーターサーバーは、交換式のボトルに入った水を使用する形です。そして、形がしっかりしたボトルだと、使用した水の代わりに外側の空気が入り込みます。その空気の中に混ざった菌が、ボトルの中で増殖する恐れがあります。そのことを考えて、紫外線による自動殺菌機能が搭載されたウォーターサーバーもあります。水には特に影響を与えない光を照射して、衛生的に保てる機能です。さらに、ボトルの中には空気が入り込まないよう、水が減ると形が変わるタイプもあります。また、ボトルではなくパックを使用したウォーターサーバーもあります。そのような空気が入りにくいボトルあるいはパックを使用し、なおかつ紫外線による殺菌機能が搭載されたウォーターサーバーだと、安心して使用できるでしょう。

ウォーターサーバーの価格は、メーカーや宅配業者の方針により異なり、新規の顧客を対象に一定期間無料で提供をしているところが多くあります。