安全に使用できるチャイルドロック機能

安全機能にも注目しよう

ウォーターサーバーを導入すれば、いつでも美味しくて安全性の高い水を楽しむことができます。買い物のたびに重いペットボトルを購入する必要もなくなりますし、冷水だけではなく温水も出るので電気ポットを用意する手間もなくなります。大人世代ばかりなら、安全に使えることが多いウォーターサーバーですが、小さいお子さんがいる家庭では注意も必要です。子供は珍しい機器を見ると、つい触りたくなる、いたずらしたくなるという気持ちが芽生えがちです。子供のいたずらで周囲が水浸しになる可能性もありますし、温水に触れることで火傷などのトラブルが発生する可能性もあります。ウォーターサーバーでは、そうしたことも予想してチャイルドロック機能が搭載されていることが多くなっています。契約前には、どのような安全機能がついているのかを確認しておきましょう。

冷水コックにも機能がついているのか

温水コックでは熱湯が出ることもあり、ほとんどのウォーターサーバーではチャイルドロックがついています。冷水コックにはこうした機能がないことも多くなっていますが、希望すればつけてもらえる可能性もあります。それから、せっかくチャイルドロックがついていても、子供が簡単に解除できるようではその意味も持たなくなります。解除方法は、ウォーターサーバーごとに違いがありますので、機能はしっかりと比較して子供が簡単に解除できないタイプを選んでおきましょう。それから、いたずらを避けるためには、子供の手が簡単にボタンやレバーに触れないということも大事です。ボタンやレバーが高い位置にあると子供が操作しにくくなりますので、レバーやボタンの位置も確認しておきましょう。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク用に使用するのが便利です。水はクリーンで安全なうえ、お湯がすぐに使えるので沸かす手間が省けます。